後遺障害認定は困難か

後遺障害認定は、どのような等級であってもたやすくはありません。手や足を欠損したり、植物状態になったりするような、明らかに後遺障害だとわかりやすい症状ばかりとは限らないからです。交通事故被害による、長期間にわたる症状が続いていることが条件であり、それを客観的に証明できなければ、等級認定にはつながりません。後遺障害認定は、非常に細かい等級と号に分類されています。むち打ち一つとっても、いくつもの症状に分けて等級が判断されるのです。

一般的には、等級認定のことを考えて、医師に症状を訴える人はあまりいません。そのため、医師による診断書に後遺障害の見落としが出ることも珍しくないのが困ったところ。その点、交通事故被害の直後から弁護士に相談していれば、後遺障害等級の認定に向けて、どのように診療を受けるべきかなどのアドバイスも受けることができます。

適正な後遺障害等級の認定を受けることは、重要です。損害賠償金や慰謝料の金額にもかかわってくることで、自分の症状と比べて適正な等級認定を受けていないとわかるのもストレスにつながります。まずは、適正な等級認定を受けているのかどうかの相談を弁護士にしてみるのも、よいでしょう。

むち打ちは後遺障害?

むち打ちは、交通事故による後遺障害の一種です。交通事故で最も多い症状の一つでもあり、後遺障害等級認定では、12~14級に該当します。かつては、むち打ちの診断がレントゲンで行いにくいといった時代もありましたが、近年ではMRIやCTスキャンなどの精密機械により、的確な診断を受けることが可能になってきました。ただし、等級が認定されるか否かは、未だに難しい問題とされています。特に、12~14級といった下位に位置する等級の場合、判断のラインが微妙に分かれるといいます。症状の訴え次第で14級に認定されることもあれば、12級になることもあるというわけです。

12級と14級の認定では、損害賠償額にも違いが出てきます。12級は局部に頑固な神経症状が残ること、14級では局部に神経症状が残ることという条件になっています。これは、素人には、わかりにくい境界線です。何らかの等級が認定されればよいほうで、場合によっては等級が非該当になってしまうこともあります。痛みやしびれのみがむち打ちの症状とは限りませんから、何となく体調が悪いというだけでも医師に検査をしてもらうなどの働きかけをしてみて、後々に証拠を残してことは大切です。

後遺障害の種類

交通事故の被害に遭うと、病院へと運ばれるのが通常です。病院で治療を受けて、完全に治癒する症状もありますが、中には完治しないと診断される症状もあります。これを後遺障害といい、加害者への損害賠償請求のときに示すと、賠償金額が多額になる可能性が出てきます。ただし、後遺障害は、書面などの客観的な証拠によって証明される必要があります。これらをもとに後遺障害等級の認定を申請することで、等級が認定されれば速やかに適正な損害賠償や慰謝料が支払われるのです。

後遺障害には、大きく分けて7つの種類があります。むち打ち・遷延性意識障害・高次脳機能障害・脊椎損傷・RSD(反射性交感神経性ジストロフィ)・目の後遺障害・耳の後遺障害が、7つの種類です。後遺障害等級認定では、これらの障害を細かな症状に分けて、条件づけしています。むち打ちになったから等級が認定されるという単純な話ではなく、むち打ちでどのような後遺障害が残ったか、どのような症状を現在も感じているかが客観的に書面で示されなければならないのです。

後遺障害の症状が固定されて、医師により診断書が出れば、後遺障害等級の認定を申請することも可能です。そのためには、症状を医師に的確に伝える必要もあります。

交通事故の後遺障害

交通事故で受けた傷が治療によって回復すればよいものの、ときには回復しえない状態になることがあります。これを後遺障害といい、医師によって診断を受けるのが通常です。後遺障害は、この先ずっと障害が残ることを示した診断のこと。後遺障害等級認定の申請をすれば、関連する等級の認定を取得することもできます。等級の認定を受けると、それを基準に損害賠償金や慰謝料が支払われます。通常は、上位の等級であれば損害賠償金も高くなり、下位の等級であれば損害賠償金は低くなるもの。不適正に低い等級が認定されれば、被害者側に不服も出てきます。

適正な後遺障害等級の認定を受けるためには、交通事故被害にあった直後からの診断や症状が固定されて後遺障害と診断されたときの客観的な書面や画像などが必要です。医療機関が全てを保存してくれていると頼りがちですが、細かな症状については、被害者自身が訴えない限り、医師にも見落とされてしまうこともあります。それが不適正な等級認定につながり、十分な損害賠償を受けられない事態にもなり得るのです。

後遺障害には種類があり、むち打ちのような最も交通事故で多い症状も後遺障害の一種。むち打ちは、首などに症状が限定されているわけではありません。食欲不振のような症状もあり、それが交通事故に起因しているかどうかは調べてもらうことが大切です。単なるむち打ちと判断せず、細かな症状も医師に訴え続けること、客観的な証明を残しておいてもらう努力は欠かさないようにしましょう。