交通事故で受けた傷が治療によって回復すればよいものの、ときには回復しえない状態になることがあります。これを後遺障害といい、医師によって診断を受けるのが通常です。後遺障害は、この先ずっと障害が残ることを示した診断のこと。後遺障害等級認定の申請をすれば、関連する等級の認定を取得することもできます。等級の認定を受けると、それを基準に損害賠償金や慰謝料が支払われます。通常は、上位の等級であれば損害賠償金も高くなり、下位の等級であれば損害賠償金は低くなるもの。不適正に低い等級が認定されれば、被害者側に不服も出てきます。

適正な後遺障害等級の認定を受けるためには、交通事故被害にあった直後からの診断や症状が固定されて後遺障害と診断されたときの客観的な書面や画像などが必要です。医療機関が全てを保存してくれていると頼りがちですが、細かな症状については、被害者自身が訴えない限り、医師にも見落とされてしまうこともあります。それが不適正な等級認定につながり、十分な損害賠償を受けられない事態にもなり得るのです。

後遺障害には種類があり、むち打ちのような最も交通事故で多い症状も後遺障害の一種。むち打ちは、首などに症状が限定されているわけではありません。食欲不振のような症状もあり、それが交通事故に起因しているかどうかは調べてもらうことが大切です。単なるむち打ちと判断せず、細かな症状も医師に訴え続けること、客観的な証明を残しておいてもらう努力は欠かさないようにしましょう。