後遺障害認定は、どのような等級であってもたやすくはありません。手や足を欠損したり、植物状態になったりするような、明らかに後遺障害だとわかりやすい症状ばかりとは限らないからです。交通事故被害による、長期間にわたる症状が続いていることが条件であり、それを客観的に証明できなければ、等級認定にはつながりません。後遺障害認定は、非常に細かい等級と号に分類されています。むち打ち一つとっても、いくつもの症状に分けて等級が判断されるのです。

一般的には、等級認定のことを考えて、医師に症状を訴える人はあまりいません。そのため、医師による診断書に後遺障害の見落としが出ることも珍しくないのが困ったところ。その点、交通事故被害の直後から弁護士に相談していれば、後遺障害等級の認定に向けて、どのように診療を受けるべきかなどのアドバイスも受けることができます。

適正な後遺障害等級の認定を受けることは、重要です。損害賠償金や慰謝料の金額にもかかわってくることで、自分の症状と比べて適正な等級認定を受けていないとわかるのもストレスにつながります。まずは、適正な等級認定を受けているのかどうかの相談を弁護士にしてみるのも、よいでしょう。