むち打ちは、交通事故による後遺障害の一種です。交通事故で最も多い症状の一つでもあり、後遺障害等級認定では、12~14級に該当します。かつては、むち打ちの診断がレントゲンで行いにくいといった時代もありましたが、近年ではMRIやCTスキャンなどの精密機械により、的確な診断を受けることが可能になってきました。ただし、等級が認定されるか否かは、未だに難しい問題とされています。特に、12~14級といった下位に位置する等級の場合、判断のラインが微妙に分かれるといいます。症状の訴え次第で14級に認定されることもあれば、12級になることもあるというわけです。

12級と14級の認定では、損害賠償額にも違いが出てきます。12級は局部に頑固な神経症状が残ること、14級では局部に神経症状が残ることという条件になっています。これは、素人には、わかりにくい境界線です。何らかの等級が認定されればよいほうで、場合によっては等級が非該当になってしまうこともあります。痛みやしびれのみがむち打ちの症状とは限りませんから、何となく体調が悪いというだけでも医師に検査をしてもらうなどの働きかけをしてみて、後々に証拠を残してことは大切です。